ぐんぐん発毛プログラムはシャンプー後に髪を乾かす方法と頭皮のマッサージのタイミングが非常によくわかる

詳細はコチラ  ぐんぐん発毛プログラム

動画を見た感想としては、とても理解しやすいです。

早速実践することにしました。

▼ 要点だけ文字にしておきます ▼

シャンプー後は、タオルで髪を頭皮にゴシゴシと押し付けて拭かず、抑える程度で良い。

ドライヤーは頭皮を乾燥させてしまうために使用しない。

男性で長髪ではない方ならば、髪を洗ってすぐに寝る方は少なく、寝る30分から1時間前には洗髪が終了すると思いますので、自然乾燥で十分乾いていると思います。

寝る前までに乾いていれば、ドライヤーは使わず自然乾燥で十分です。

男性でも長髪の方は、寝るまでに髪の毛が乾かない事もあると思います。

その場合は、ドライヤーを使用して、髪だけを乾かし、頭皮は乾かさないようにします。

大体の場合、頭皮が濡れているのではなく、髪が濡れているので、頭が濡れていると感じています。

髪が濡れた状態で寝ると雑菌の繁殖など頭皮のトラブルの原因となりますので良くありません。

このため、髪の長い方は、ドライヤーを使用して、髪だけを乾かし、頭皮には風をあてないようにして下さい。

マッサージのタイミングについては、洗髪の2度目の時と寝る直前が理想的です。

詳細はコチラ  ぐんぐん発毛プログラム

育毛剤は女性向けの保湿系ものを使用して下さい

▼ 要点だけ文字にしておきます ▼

育毛剤は、頭皮を保湿するために保湿タイプのものを使って下さい。

ただ、裏(成分表示)に保湿タイプの育毛剤と記載されているものはないです。

育毛剤にも種類があり、お薬系の育毛剤などいろいろとあります。

ぜひ、お薬系のものではなく、女性が使うような3千円、4千円5千円位の育毛剤、液体の育毛剤で良い。

そういったものを是非毎日まずは使ってみて下さい。

お肌の繊細な人は、いろいろと入っているものでシミたりするので、これは何とも言えない。

頭皮というのは、洗った後、保湿してあげて頂きたい。

おおよそ頭皮のトラブルがある方は、乾燥気味です。

脂性の方はほとんどいません。

脂性の引きおこる原因というのも、実は、乾燥が原因です。

頭皮が乾いていると過剰な油分が出ます。

私が脂性の方と思ったのは、百人に1人いるかいないかな位の割合です。

脂性の方でも、頭皮を洗髪した後は、絶対に保湿してあげて欲しい。

ですので、育毛剤というのは、シャンプーと同様、毛生え薬ではないですが、頭皮を保護するというために使って頂きたい。

という事は、お薬とかの入ったものではなくって、保湿系の女性が使うようなものが多い。

なので女性が使うような育毛剤を使って頂ければな。

なので育毛剤は使って頂きたい。

詳細はコチラ  ぐんぐん発毛プログラム